カラミざかり エロに目覚める2人のJKヒロイン

カラミざかりの第5話「いっぱい出たね」の無料ネタバレを公開!新山とヤリ終えたばかりの吉野は、今度は飯田をベッドへと連れ込み犯し始める。山岸はその光景を見ながら、新山にリードされて抜かれていくだけだった。

カラミざかりの第5話「いっぱい出たね」の無料ネタバレを公開!新山とヤリ終えたばかりの吉野は、今度は飯田をベッドへと連れ込み犯し始める。山岸はその光景を見ながら、新山にリードされて抜かれていくだけだった。

カラミざかり 第5話のあらすじ

吉野と新山は2人の目線など気にすることなくお互いを貪り合う。果てた吉野はようやく山岸と飯田の存在を思い出す。

そして吉野は山岸と飯田を強引にベッドへと引きずり込み、今度は飯田を犯し始めるのだった。山岸は新山にリードされながら、隣で犯されていく飯田をただ見ていることしかできずに…

カラミざかり 第5話の無料ネタバレ

【カラミざかり】の第5話「いっぱい出たね」の無料ネタバレとなります。


「んっ♡んっ♡」

新山に責めたてられる山岸。

(や、やわらか)

初めての乳房の感触を満喫する。


しかし、ふと目線を後ろにやると、そこには恥ずかしがりながら吉野にク●ニされている飯田の姿が。

得意げに貪る吉野、恥ずかしがって顔を手で覆う飯田。

山岸はそれを見て、ただ勃起することしか出来ない。そして山岸の膨張したそれを新山が舐め始める。


くちゅっぐぷっ!

「あっ…!」


(新山が俺のチ●ポを…)


「気持ちいい?」

新山も得意げな表情で山岸に問う。


「あ、う、うん」



「い、いたっ!」

「力ぬいて飯田」


「ゆっくりするから、リラックスリラックス」


吉野が飯田の初めてを打ち破ろうとしている…


(おいっ…それはダメだろ)

しかし山岸は、それをただ見ていることしかできない。


「あ…飯田のキツい」


ず、ずぷっ!!!


「入った♡」

吐息が漏れる飯田。


「ゆっくり動くから」


「あー飯田のマ●コ、新山のと全然感触が違う」

「二人とも気持ち良いけど、感じが全然違うんだよ」

吉野はピストン運動で飯田を突きながら、2人の感想を述べる。



「てか山岸、さっきよりビンビんなんだけど」

新山が山岸に話しかけても、山岸はベッドの方にくぎ付けになっており反応がない。

舌を絡めながら飯田に腰をたたきつける吉野。

「ちょっと早くするな」

飯田の両腕を掴み、高速ピストンを始める。

激しくきしむベッド、漏れる飯田の声。嫌らしい音が連結部から聞こえてくる。



「あーやべ、超気持ちいい」

「飯田のマ●コ、すげー締め付け」

「マ●コ、最高!!」


激しくキスをし、胸を揉み、飯田を犯し続ける吉野。それを見ている山岸…


「うあっ…イク!」


「はぁはあ♡」


吉野に犯され、果てた飯田と目が合う山岸。

慌てて目線をそらすと、


「いっぱい出たね」

山岸は新山に抜かれていたことに気付く。



「ただいまー」

吉野の親が帰ってくると、みんな慌てて服を着て、3人は帰宅するのだった。

吉野を除いた3人で帰りの途につく。



「あーなんか上手く歩けない、ねえ里帆」

「なんか変な感じ」


「じゃあ俺ここで」

「じゃ…また明日」


山岸は去っていく2人の後ろ姿を呆然と見つめるのだった。
 

いっぱい出たねの感想

ついに【カラミざかり】の最終話を読み終わりました!いやぁ虚しいというか、山岸くん負け犬すぎるだろというか…。2人が交際関係にあったわけではないとはいえ、山岸にとっては片思いの相手、飯田が親友に犯されたということで、寝取りエロ漫画と同じ読後感です。

目の前で飯田がヤラれてるんだから、少しくらいは抵抗しろよ腰抜け!という感じがしないでもないけど、控えめな性格だとそれも難しいのかな?という感じもします。

やっぱり高校生の恋愛はノリが悪い男は損するもんですね~。漫画の世界でも残酷でした。

結局、ノリがいい吉野が2人のクラスメイトの処女を奪い、山岸は吉野に犯された直後の新山にフ●ラ抜きされただけで童貞のまま。

きっと新山と飯田の2人は、夏休みにも海に行ってナンパされたり、この後ももしかしたら吉野と一緒に経験値を稼いでいくのかもしれませんね。もちろん山岸は置いてきぼりで。

1話の段階ではこんな展開が待っているとは全く予想してなかったので、全5話を読み終わって衝撃作という感想でした。桂あいり恐るべし!他の作品も読まなければ!

吉野に犯された2人の後ろ姿を見つめる最後のシーンが究極的でした!続編があったらぜひ読みたいエロ漫画、それが【カラミざかり】でした。
 

カラミざかり エロに目覚める2人のJKヒロイン © 2019